中学校という小さな世界で

その生徒は中学2年生の男の子。

中学受験に落ちてしまい、公立の学校に入った。

落ちたからといってお母様は彼のことを嫌いにはならないのだけれど、子どもは子どもなりに気にしている。

 

お母さんは君のことを嫌いになってないよ。

お母さんは君にがっかりなんてしてないよ。

側から見ればそんなのわかる。

 

けれど、どこでなにが絡まったのか。

私のところへ来た時、親子関係は最悪だった。

不登校になってしまった彼のお母様は、息子の褒め方を忘れていた。

甘えん坊を絵に描いたように可愛らしい顔をしたまだ小さなこの子を見たら、何をしたって褒めたくなるのに。

 

その最初の2時間の面談で、彼がかなりねじれた感情の中で反抗期を過ごしていることがわかった。その結果として、親子喧嘩の際に物を投げる息子の被害者という感情を持ってしまっているお母様がいた。その上学校に行かないのだから、お母様はひたすら嘆くばかりだった。

 

それから週に一度、2時間、彼をお預かりして勉強することに決まった。

彼自身は、行くかわかんないよ、だって遊ぶ日だし、などと言っていたが構わなかった。

口だけだとわかったからだ。

本当は授業に遅れていることをヤバイと思っているに違いないのだ。

 

実際、翌日、すぐ来た。

教科書やふでばこも持ってきた。

数学をやらせれば、さらさら解いた。

中学受験でしっかり小学校の勉強をやっていた証拠だと褒めた。

センスがいいと褒めた。

字がきれいだと褒めた。

彼は、俺はできないよ、と否定するけれど、それでも実際できるのだから褒めまくった。

持って当たり前の自信を持って欲しいのだ。

 

遊ぶからと来ない日も時々あったが、しっかりお母様にそれを伝えているようで、いつも私に連絡をくださった。

お母様は諦めのため息を混じえて私に謝ったが、私は笑って返すようにしていた。

中学生ですもの、遊びたいのが普通ですと。

それに私にも予告して帰りましたからと。

 

数ヶ月が過ぎたある日、お母様にお電話を差し上げた。

学校にはそろそろいけそうですか?

すると、実は学校の先生が近所まで話をしに来てくれたんです、と教えてくれた。

話をするうちに、学校へ行く気になったのだそうだ。

彼が来やすいように先生がタイミングをはかって下さったようだった。

 

あぁ、なんていうことだろう、と思った。

お母様の声がワントーン上がっているように聞こえたのだ。

嬉しいに違いない。

明確に喜ばないのが、あのお母様らしさなのだ。

 

良かったですね、嬉しいですね!

私は明確に喜ぶタイプだ。

 

それからお母様はこう言った。

いつから息子を褒めなくなったのだろうと思いました、と。

お母様もこの数ヶ月で変わられたのだ。

 

これはただの一つの例でしかないのだけれど、子どもたちは中学校という小さな世界で様々な苦労をしている。

不登校なんて有り得ない中学時代を過ごした親にはわからない経験をしているのだ。

 

まだ小さなその人生を、嬉しいできごとで埋め尽くしてあげたいと思う。

結婚しない女は幸せになれないのか?

今年で31歳。

彼氏と別れて早一年。

それまでの間、いい感じの人現れず。

1番の焦りは、自分自身が恋愛を面倒に思っている節があること...!!!

 

つい先日、また仲良しのお友達に赤ちゃんができた。

おめでとうと言いつつの、やばいやばいやばい。置いていかないで〜!!!

2番目の焦りはそんな乗り遅れてる感。

 

やばいと思いながらも恋愛は面倒に感じる

なんでそんな矛盾が起こるのだろう?

 

少女マンガやドラマや映画では、女の子はみんな男の人に愛されることで幸せになっていた。

男の人とうまくいかないと、女の子はみんな泣いていた。

女が幸せになる鍵はそこにあるんだと刷り込まれてる!

 

加えて、他人にどう見られるかも重要ポイントかと。

 

男っ気のない私は、周りから心配されがち

結婚しない私は、周りから心配されがち

 

女って結婚しないと死ぬんでしたっけ?

 

私は中学、高校と勉強が好きで大学にも行けた。

今は仕事も夢も目標もある。

まだまだやりたいこともある。

健康な両親がいる。

頼りになる姉もいる、その旦那さんと姪っ子がいる。

友達もいる。

 

それでもまだ足りないのか?

それでもこんなに立派に生きてるよー!

 

慰めじゃなくて、もっとちゃんと、結婚しない人たちを肯定してほしい。

結婚しなくても人生オーケーな世の中カモン!

 

 

胸がざわざわするという感覚

ネットで調べていてもよく出てくる

胸がざわざわする

という表現

 

私はもう通院もやめて

薬も飲まなくなって1年以上経ちますが

時々

ざわざわします

 

例えば今朝

仕事が休みだったので

久しぶりに目覚ましをかけずに

朝寝坊をしました

 

自然に目が覚めると

家族はもう仕事で家を出たあとだとわかる

静けさの中

しとしとと雨が降る音が聞こえていました

 

隣の部屋にも、リビングにも、キッチンにも、

どこにも誰もいない家の中のイメージが

つぎつぎに浮かんできました

 

誰の声も物音もしないであろう家の中に

私はひとりぼっち

 

そんな、必要のない「確認作業」を

起きた瞬間から始めてしまう

 

どんどん追い詰められて

どんどん不安になる

止められないのです

 

そうして明日のことや将来のことや

何から何まで

私は一生このざわざわに付きまとわれて

何もできなくなるのではないかと

また新たな不安を見つけてきます

 

身体を起こして

何か飲んだり食べたりしていれば

次第に消えていきます

 

このざわざわという感覚は

とても面倒くさいものです

 

どうってことない

ということは分かってるのに

どうしようもなく

心細いのです

 

 

 

2、社会不安障害と診断されるまでのこと

“不安の波”が初めてやってきたのは

4年ほど前のことでした。

 

その夜、一晩中、

仕事のことを心配していました。

 

納期に間に合うかどうか

不安で不安で仕方なかったのです。

 

次の日はオフでした。

今思えば無理やり出勤して

仕事をすれば落ち着いたのかもしれませんが

休みの日に出てくると

仕事ができない人と噂される職場でした。

 

その頃のチームは皆、1人で責任者と実務者を担っている状態で、誰も余裕がありませんでした。

 

入社4年目で異動したばかりの私も

会社役員レベルの上司から直接仕事をもらい

1人でやり遂げなければなりませんでした。

 

1人でやり遂げなければいけないと思っていました。

 

その日の夜、私は信頼できる女上司の名前を呟きながら、泣いていました。

 

お母さんのことも呼んでいました。

 

本当に初めて、助けて、と声に出しました。

 

今でも時々

その思考回路の癖が出そうになりますが

だいぶコントロールがうまくなりました。

 

失敗したくない

失敗したらどうしよう

失敗するに違いない

 

誰かに責められるんじゃないか

誰かに詰問されるんじゃないか

誰かにダメなやつと思われるんじゃないか

 

その頃の私は

起こってもいないことを

無限のループで想像し続けて

自分で自分を追い込んでいました。

 

“不安の波”とは

どうしよう、怖い、助けて

そんな種類の気持ちのかたまりが

一気に襲ってくること。

 

その夜を境に

“不安の波”は

度々私のところへやってくるようになりました。

1、社会不安障害と診断されるまでのこと

3年前のある日の朝、

私は大好きな恋人の家で目を覚ましました。

 

その日の前夜は、

その頃頻発していた

“不安の波”に襲われよく眠れませんでした。

 

朝のニュースを見ながら

仕事に行く支度をしていたのですが

悲しくて涙が流れてしまいました。

 

気持ちが不安定なことは

恋人に話していましたが

上手に説明することができていませんでした。

 

ニュースでは

芸能人の訃報を伝える特番をやっていたので

恋人はそれが私を刺激したのだと思い

テレビを消しました。

 

実際にはなぜ悲しいのか

私にはわかっていませんでした。

 

私、変だよね?

友達が病院紹介してくれたんだけど

行った方がいいかな?

 

恋人は、行きなと言って

パソコンを開いてその病院を調べてくれました。

 

心療内科とは縁遠い性格の恋人に

病院に行こうと思うと伝えるのは

勇気が要りました。

 

そうしてその日の夕方

社会不安障害と診断されたのでした。

 

社会不安障害の原因となるものは

この世の中にある、

社会にある、

だからあなたのせいではないです。

 

先生はそう言いました。

 

私にはとてつもなく恐ろしい病に思えました。

だって世の中や社会が原因なんて、

じゃあ私には治しようがないじゃない。

 

その時初めて、

社会の中に生きている

たった1人の自分という存在を

感じました。

 

その日からしばらく

私は暗くて大きい

真っ黒な海に投げ込まれたような気分で

過ごしました。

人生と仕事のさかい目

左手の、薬指に指輪をはめている

その男性の奥様は他界されていて

お子さんが2人いらっしゃる

 

微笑む顔は優しそうで

反抗期真っ盛りの息子さんの

心配ばかりしている

 

つい子どもに叱りすぎた昨夜のことを

私たちに伝えることで

自分を省みている

 

私の仕事は

このご家族の事情の

どこからどこまでが範囲なのだろう

 

さかい目なんて、あるのだろうか

 

モロッコにいつか行きたいのだが

さて7月の三連休中日だが。

 

いつもなら割と混んでいる駅前のカフェが

今日はとても空いていた

街もなんとなく静かで

どこか楽しい場所でみんな楽しんでいるらしい

 

羨ましい。

 

私はというと、

仕事が休みだったので

東京都写真美術館

世界報道写真展2017 を訪れた

 

展覧会で見た写真は

だいたいが痛ましく

 

死を見て生を感じる的なパラドックス

言い聞かせて

シュンとなった気持ちをなんとかあやして

帰ってきた

 

そんなこんなで

いつもなら割と混んでいる駅前のカフェが

今日はとても空いていたので

持ち歩いていた本の

残りの半分をいっきに読んだ

 

大国の掟 「歴史×地理」で解きほぐす

f:id:kingdomdance:20170716193530j:image

 

世界で起きていることの

なぜ?なんで?どうして?がわかるようになりたいなぁと思い買ったのだが

 

文中にハッとする情報があって、

それはモロッコについて

 

隣国で大変危険なことが起き始めている中

当時の王様は自分の国で同じことが起こることを予測することができた

そのため若くて柔軟な対応で王制を維持させたとのこと

(脳内変換入っています。正しくは本をお読みくださいませ。)

 

ロッコ専門の旅行会社のホームページに王様のことや国内の平穏な日常のことが綴られていて、なので安心して旅行に来てくださいと、そういえば書かれていたなぁという記憶とリンクした

 

リトリップでフォトジェニックな記事を見てから、がぜん行きたくて仕方がないモロッコ‼︎

https://retrip.jp/locations/203/

 

いつか行きたいなぁぁ

でも危険レベル1が発出されてるんだよな〜

http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/info/pchazardspecificinfo_2016T154.html#ad-image-0

 

海外に行く際は

外務省の海外渡航安全情報だけに

頼っているので

地政学を勉強して

自分でも少しは判断ができるように

なりたいものです